たくやのリュックサックを背負って

このブログは私が日本全国をリュックサックを背負って、見たこと、感じたことをありのままに書いています。どんな旅をしているか楽しみながら読んでください!

伊予西条と鉄道のお話〜パートⅣ

南館の外に出ると、ご立派なSLがご鎮座していた。


f:id:wakudokihappy:20200420161149j:image

↑C57形蒸気機関車

 

この蒸気機関車は、昭和12年から22年にかけて作られ、国鉄の最後まで活躍した蒸気機関車で美しくスマートな形から「貴婦人」と呼ばれている。


f:id:wakudokihappy:20200420161517j:image


f:id:wakudokihappy:20200420161547j:image

↑車内はこんな感じ。

 

SLの機関車の内部を見るのは、秩父で見た時以来だが、内部もキレイで今でも走りだすんじゃないかとも感じることが出来た。


f:id:wakudokihappy:20200420161823j:image

↑キハ65形急行用気動車

 

次は四国で活躍した急行用気動車。車体はキハ58形と一緒だそうだが、床下のシートピッチを広げるためトイレと洗面所を無くした造りになっている。

 

高松運転所に集中配置されて、2008年の10月まで使われていた。


f:id:wakudokihappy:20200420162202j:image

↑車内はこんな感じ。

 

快適性よりたくさんの人を運ぶに意識が当時向いてたんやろなと感じた。


f:id:wakudokihappy:20200420162333j:image

↑DE10形ディーゼル機関車

 

最後は、DE10形ディーゼル機関車と言い、昭和41年から53年まで708両が造られた。

 

主に四国ではローカル線区で旅客や貨物列車のけん引していた。


f:id:wakudokihappy:20200420162632j:image

蒸気機関車が走っていた時の時刻表。

 

日中もそうだが、夜中や早朝にも停車する列車もあり、今じゃあり得んなぁと感じた。

 

駅一帯が鉄道パークなだけにふらっと来ても楽しめる場所だなとも感じたひと時でした。

伊予西条と鉄道のお話〜パートⅢ

では、歩道橋を渡って南館に行ってみよう。 


f:id:wakudokihappy:20200415192959j:image

↑駅を跨ぐ歩道橋。


f:id:wakudokihappy:20200415193046j:image

↑線路の幅に合わせて走行出来るフリーゲージトレイン

 

南館の前に展示されているのは、軌間可変電車、いわゆるフリーゲージトレイン

 

JRは新幹線は線路幅が1435ミリ(標準軌と呼ばれる)、在来線は1067ミリ(狭軌と呼ばれる)に別れていて、秋田新幹線山形新幹線は在来線を新幹線の線路幅に変える工事を行った。

 

そこで、異なる線路幅を自動的に変えて、直通運転させようという技術がフリーゲージトレインである。

 

現在だと九州新幹線の長崎ルート(YouTubeで見た)や近鉄の京都〜吉野の間で導入が検討されている。


f:id:wakudokihappy:20200415193840j:image

鉄道模型がドーン。

 

南館に入るとまず鉄道模型を目の当たりにする。

普段は操縦したり出来るそうだが、コロ助の影響で決まった時間に自動操縦で動くことになっていた。

 

資料館では、四国鉄道文化館が紹介されたテレビ番組が流れたり、鉄道に関する本や資料が展示されている。

 

更に南館の外には実際に走っていたSLが展示されてるとのことなので行ってみることにした。

伊予西条と鉄道のお話〜パートⅡ

車内を見ると目に入ったのは・・・。


f:id:wakudokihappy:20200414225239j:image 

↑0系新幹線。

 

最初に触れた十河信二が中心となって作った東海道新幹線の初代車両0系新幹線。

 

中はというと・・・。


f:id:wakudokihappy:20200414225520j:image

↑2列と3列の転換クロスシート


f:id:wakudokihappy:20200414225627j:image

↑運転席はこんな感じ。

 

展示されている車両は、私の生まれた昭和51(1976)年に作られ、平成12(2000)年10月までJR西日本の博多総合車両所で「こだま」号として活躍していた。

 

その隣は・・・。


f:id:wakudokihappy:20200414230011j:image

↑DF50形ディーゼル機関車

 

昭和38年から昭和58年まで予讃本線(予讃線)や土讃本線(土讃線)で活躍。鉄道の無煙化(当時は蒸気機関車で煙が問題になっていた)やスピードアップに貢献した。


f:id:wakudokihappy:20200414230357j:image

↑中はこんな感じ。

 

最初の0系新幹線と違い、こじんまりとした運転台となっている。

 

その他にも・・・。


f:id:wakudokihappy:20200414230549j:image

↑四国の行き先表示や特急のマーク。


f:id:wakudokihappy:20200414230641j:image

↑四国で売られている駅弁。

 

四国の鉄道に関係するものや、ちょっと珍しいものだが・・・。


f:id:wakudokihappy:20200414230828j:image

パンタグラフ

 

実際のパンタグラフが展示されていた。

 

 

伊予西条と鉄道のお話〜パートⅠ


f:id:wakudokihappy:20200413043713j:image

↑鉄道歴史パークの入り口の駅、伊予西条駅。

 

伊予西条駅周辺一帯は、「鉄道歴史パークin Saijyo」として整備され観光ゾーンとなっている。

 

この日は、コロ助の影響でイベントはなかったが、館内は入ることが出来た。


f:id:wakudokihappy:20200413044018j:image

↑新幹線の生みの親、十河信二の像。

 

十河(そごう)信二は、旧制西条中学校(今でいう高校)出身で、西条市長も務め、第4代国鉄総裁として、東海道新幹線を実現した人である。


f:id:wakudokihappy:20200413044409j:image

↑C58蒸気機関車の動輪。

 

国鉄道文化館には北館と南館に別れていて、税込300円で北館、南館に入ることができるので入場券を失くさないように。

 

では、券売機で入場券を買い、ちゃんと消毒してお邪魔しま〜す。


f:id:wakudokihappy:20200413044827j:image

アンパンマンの特急電車が伊予西条駅に入線。

 

入ったとたん、チラッと外に目をやるとアンパンマンの特急電車がちょうど入線していた、館内にもアンパンマン列車の伊予西条駅に停車する時刻が掲示されていて、鉄道だけではなくアンパンマンにも熱が入ってるなぁと感心してしまった。

 

 

特急で瀬戸内海を眺めながら・・・。

定刻通りに出発した特急はスピードを上げて、振り子の力をいかんなく発揮しながら高松方面へ。


f:id:wakudokihappy:20200408171526j:image 

↑特急から見える瀬戸内海。

 

何故か知らないけど、凄く瀬戸内海は水色に澄んでいるように見えた。


f:id:wakudokihappy:20200408171718j:image

↑荷物用のスペースだろうか。

 

愛媛県内の予讃線は、単線が多く行き違いもあったが、午後2時過ぎに今治に到着した。

 

そして、今治駅前のバスターミナルへ行きたい場所があって、時間を調べたら午後3時過ぎまでない。

 

どうしようか・・・・。

 

あっ、そっか。

今夜のお宿は伊予西条駅の近くやったけ。

先に伊予西条まで行って、見たい場所を先に見てしまって、明日は朝8時38分にバスが出発だから、伊予西条まで行こうか。

 

というわけで、伊予西条までの切符を買い、高松方面は午後2時27分。


f:id:wakudokihappy:20200408172403j:image

↑午後2時27分の伊予西条行きに乗る。

 

しばらくすると、「瀬戸の花嫁」のメロディに乗って1両のワンマン電車が入線。


f:id:wakudokihappy:20200408172544j:image

↑1両のワンマン電車。

 

電車は、石鎚山を背にしながら東へ向かい、午後3時過ぎに伊予西条駅に到着した。


f:id:wakudokihappy:20200408172806j:image

アンパンマン伊予西条駅の駅名標


f:id:wakudokihappy:20200408172902j:image

↑特急のマークにもアンパンマンが。


f:id:wakudokihappy:20200408173003j:image

↑終点に着いた普通電車。


f:id:wakudokihappy:20200408173054j:image

伊予西条駅の駅舎。

 

では、最初の目的地へ向かうことにしよう。

まずは、松山に到着。

松山インターを降りたバスは、松山インター口、天山橋を経由していよいよ中心市街地へ。


f:id:wakudokihappy:20200407104913j:image

三越前の大街道。

 

松山市駅と並ぶ中心地・大街道を経由して松山城のお堀や市役所を見ながら、最初の目的地・松山駅に到着した。(10分早い、12時11分)


f:id:wakudokihappy:20200407105138j:image

↑グラン車両はやっぱり最高。


f:id:wakudokihappy:20200407105225j:image

↑JR松山駅

 

私は駅のセブンイレブンで応急処置用のスマホ用コンセントを買い、気を取り直して、まずは今治までの乗車券と自由席特急券を購入。


f:id:wakudokihappy:20200407105452j:image

アンパンマンがお出迎え。


f:id:wakudokihappy:20200407105522j:image

松山駅駅名標


f:id:wakudokihappy:20200407105556j:image

↑13時26分の特急・しおかぜ、いしづちに乗ります。

 

そして、JR四国のご自慢特急、振り子式8000系車両が入線。


f:id:wakudokihappy:20200407105744j:image

↑8000系特急車両の先頭部。

 

8両編成で後ろの1号車から5号車までが岡山行きの特急・しおかぜで、6号車から先頭8号車までが高松行きの特急・いしづちである。宇多津で切り離しが行われる。


f:id:wakudokihappy:20200407110047j:image


f:id:wakudokihappy:20200407110104j:image

↑扉を青(自由席)、オレンジ(指定席)と分けている。

 

扉が開いたので早速中へ。


f:id:wakudokihappy:20200407110238j:image

↑車内はこんな感じ。

 

そして、13時26分、まずは今治駅へ向けて出発進行したのである。

四国の山あいでアトラクション発生!

徳島自動車道に入ると吉野川に沿って、内陸へと入っていく。

 

私も朝が早かったのでゆりかごシート(グレイドルシート)でウトウト・・・。


f:id:wakudokihappy:20200406111615j:image

徳島自動車道の車窓。


f:id:wakudokihappy:20200406111645j:image

吉野川が見えてきた。

 

気がついたら、午前10時過ぎ。

吉野川サービスエリアの休憩のアナウンスが。


f:id:wakudokihappy:20200406111819j:image

セブンイレブンがある吉野川サービスエリア。

 

吉野川サービスエリア・下り線はハイウェイオアシスとセブンイレブンが一緒になっている。


f:id:wakudokihappy:20200406111940j:image

↑松山エクスプレスの正面。


f:id:wakudokihappy:20200406112007j:image

↑松山エクスプレスの側面と後方。

 

午前10時20分、吉野川サービスエリアを出発した後、アトラクション発生!

 

スマホの充電のコンセントとちょっと曲がってしまい入らなくなってしまった。

 

あ〜あ、ここからお宿まではバッテリーを気にしながらになってしまう。

 

バスは高知自動車道の2つのジャンクションを渡り、いよいよ伊予の国へ。


f:id:wakudokihappy:20200406112448j:image

↑遠くから瀬戸内海が再びお出迎え。

 

まずは、数多くの高速バスが到着する三島・川之江インターバス停。


f:id:wakudokihappy:20200406112621j:image

↑三島・川之江インターバス停。

 

更に東温市に入り、川内インター近くの川内インターバス停。


f:id:wakudokihappy:20200406112746j:image

↑川内インターバス停。

 

川内インターの近くには、四国の乳製品を支えているらくれんの本社がある。

 

そして、バスは松山インターからいよいよ松山市内に入っていくのである。