たくやのリュックサックを背負って

このブログは私が日本全国をリュックサックを背負って、見たこと、感じたことをありのままに書いています。どんな旅をしているか楽しみながら読んでください!

いよいよ淡路島から四国に上陸。

高速舞子(バスは通過)からいよいよ明石海峡大橋へ。 ↑瀬戸内海を明石海峡大橋で渡る。 そして、淡路島が見えてきた。 ↑淡路島に上陸。 淡路島に上陸すると、島の真ん中を貫く神戸淡路鳴門自動車道を走り、午前8時20分、最初の休憩場所である室津パーキング…

今回の出発は・・・。

2020年3月21日。 私は、JR大阪駅バスターミナルにいた。 ↑JR大阪駅バスターミナル。 ↑日中は数多くの出発便が案内されている。 今回は、松山から今治、西条、新居浜、川之江を経由してゴールは香川県の観音寺を目指そうというルートな訳です。 いきなり午前…

いよいよ今回の旅も終わり。

午後5時20分、京都駅に向けて、「海の京都・赤レンガエクスプレス」号で出発。 今回も楽しかったし、色んな発見がありました。 ↑京都交通の京都駅行きは3列シート、コンセント付き。 ところで、赤レンガ倉庫のお土産コーナーで惹かれて買ったお土産をここ…

西舞鶴のバスターミナルの一角に・・・。

京都駅方面のバスターミナルに到着した。 ↑西舞鶴駅のバス停。 ↑西舞鶴駅のバスセンター。 西舞鶴駅のバスセンターの中の一角にこんな展示があった。 ↑これな〜んだ? これはかまぼこで魚のすり身を練る機械である。 舞鶴はかまぼこの生産地でもある。(私も…

西舞鶴駅にて。

田辺城跡から歩いて、約5分ほどで西舞鶴駅に到着しました。 ↑舞鶴線と京都丹後鉄道が集う西舞鶴駅。 駅前も広々。 ↑タクシー乗り場もバスターミナルもある。 西舞鶴駅の中でも細川幽斎の説明がされてあるコーナーもあった。 ↑細川幽斎の紹介コーナー。 ↑田…

田辺城跡の史料館。

階段を歩いて上部に上がると田辺城跡の資料館の入り口に到着した。 ↑田辺城跡史料館。 ここには、田辺城や当時の舞鶴の様子などが史料として展示されている。 入口付近にあるマンホールもなかなかのもの。 ↑田辺城跡をモチーフにしている。 ちなみに東舞鶴の…

舞鶴も一粒で二度美味しい街。

東舞鶴の海から西舞鶴に入ると内陸に入る。 西舞鶴駅前の近くに大河ドラマ、「麒麟がゆく」に関係する場所があるということで行くことに。 ↑田辺城跡の入り口。 田辺城跡は、1579年一色氏を滅ぼし、織田信長から丹後の土地を細川藤孝が田辺城を作り、別名舞…

艦船が見えてきた。

赤レンガ地帯を過ぎると再び舞鶴湾が見えてきた。 そして・・・。 ↑海上自衛隊の艦船が停泊中。 冷たい北風の中、艦船が停泊が止まっていた。 歩道橋から眺めて、降りてフェンス沿いを歩いていると、「土日祝は近くから見ることができますよ」と書いてある。…

舞鶴赤レンガ博物館。

↑舞鶴赤レンガ博物館の外観。 ここは、舞鶴赤レンガ博物館と言って、赤レンガについて様々な展示がされている。 外には世界の赤レンガの数々が並べられている。 ↑あんな赤レンガや・・・。 ↑こんな赤レンガも・・・。 なぜ、舞鶴と赤レンガなのか? パンフレ…

赤レンガがいっぱい!

京都交通の路線バスで移動する場合は西舞鶴駅と東舞鶴駅の循環バスが便利。 特に東舞鶴駅からだと左回り、西舞鶴駅からだと右回りルートが観光スポットにたどり着きやすい。 私は東舞鶴駅からの左回りの循環バスに乗車。 東舞鶴の市街地を抜けたところに舞鶴…

海の見える街、東舞鶴。

再び東舞鶴駅に舞い戻ってきた、時刻は午前9時半。 ↑JR東舞鶴駅の東口。 東舞鶴駅は西口では、大阪・京都・神戸方面からの高速バスと路線バスがひっきりなしに、東口では、平和堂(スーパーマーケット)やドラッグストアなどの住宅地に別れていた。 まずは、…

「まつおでら」とは読まないでください。

午前9時2分、お目当ての駅、「松尾寺」駅に到着。 ↑「まつのおでら」駅の駅名標。 「まつおでら」とは読まず、「まつのおでら」と読む。 ここから、駅名となった松尾寺までは1時間かかるので駅を探険することにした。 松尾寺駅は京都府で唯一、JR西日本金…

福知山駅から東舞鶴駅、そして・・・。

今の福知山駅は山陰本線、福知山線、舞鶴線と京都丹後鉄道の宮福線と今のジャンクションの役割は変わっていない。 ↑福知山駅の駅名標。 ↑英語になっているけど、7時56分の東舞鶴行きで行こう。 今回の車両はこれ。 ↑黄緑色の113系。 ローカルの路線は国鉄車…

福知山は鉄道の要所。

翌日。 福知山はどんよりとした曇り空。 そんな中、朝7時15分に福知山駅に到着した。 ↑福知山駅の北口。 ↑福知山駅の南口。 では、ここで問題。 上下の福知山駅の写真で一ヶ所だけ違っているところがあります。どこでしょう。 答え 上の写真の緑の部分はKTR…

とうとう城崎温泉駅に到着。

JR豊岡駅のホームへ行くと、電車と気動車が揃い踏み。 ↑福知山方面の電車。 これから城崎温泉方面へ向かう気動車。 ↑キハ47系の昔ながらの気動車。 気動車は静かにホームを離れ、円山川に沿って西へ向かう。 ↑車内から眺める円山川。 午後4時20分ごろ、城崎…

コウノトリの郷駅。

豊岡から京都丹後鉄道に乗ること約6分ほど。 私はある駅に途中下車した。 ↑立派な無人駅舎ではないか。 ↑駅舎より一段高いところにホームがある。 ここは、コウノトリの郷駅と言い、京都丹後鉄道で兵庫県にある豊岡駅ともう一つあるのがこの駅である。 ↑コ…

では、再び豊岡へ。

ここで、私はベンチに座り、観光センターのお土産コーナーで買ってきたコウノトリマークの米粉入りバームクーヘンをBOSSのカフェラテと共に楽しむことに。 ↑コウノトリマークの米粉入りバームクーヘン。 味は普通のバームクーヘンと同じでしっとりしてて、な…

最後に近畿最古の芝居小屋を・・・。

↑近畿最古の芝居小屋の玄関口。 出石探険の最後は近畿最古の芝居小屋、「出石永楽館」を見ることにしよう。 出石永楽館は、明治34年に開館して歌舞伎を始め、劇や寄席が上演され、但馬の大衆文化の中心として栄えた。 テレビの普及などで昭和39年に閉館した…

辰鼓楼の近くに・・・。

出石の中心地、辰鼓楼や出石観光センターの近くに・・・。 ↑立派なお屋敷を発見。 ここは、家老屋敷と言い出石城内に残る唯一の武家屋敷である。 出石家老屋敷は、出石の歴史や文化を伝えるため、平成2年開館した。 ↑家老がくつろぐ居間だったのだろうか。 …

お邪魔しま〜す。

↑豊岡市立出石史料館。 ここは、豊岡市立出石史料館である。 出石史料館がある通りは、鋳物師町(いもじまち)と呼ばれていて、ナベ・カマなどを作る職人が軒を並べる通りであった。 中に入るといきなり囲炉裏がお出迎え。 ↑商家のあるある・囲炉裏。 囲炉裏を…

出石の偉人たちを知る。

次にやって来たのは、明治の洋館の様な建物・・・。 ↑ご立派な建物。 ここは、豊岡市立出石明治館という。 貴重なものもあって、撮影が✕な場合もあると感じられたのでもらったパンフレットから紹介していく。 この建物は2階立てで、一階は出石の町をコウノ…

一粒で二度美味しい出石城跡、その2。

出石城跡の正面から見たら左側にあたる神社の部分へ向かうことにした。 ↑左側にある神社の入り口。 ↑朱門の並んだ鳥居がずら〜り。 階段にずら〜りと並んだ朱色の鳥居を上がっていく。 ここは、有子山稲荷神社という。 この朱色の鳥居を歩きながら数えると37…

一粒で二度美味しい出石城跡・その1。

出石城跡をじーっと見ると城の部分と神社の部分が一緒になっていて、これが「一粒で二度美味しい」(アーモンドグリコのキャッチコピーが浮かんでしまった) ↑橋も立派だが門も立派。 出石城登城門と言うことは、出石城に仕えるお侍さんが使用していたのか。 …

コロコロ変わるお天気の中で。

出石のバス停を降りたとたん、雨の振り方は強くなる一方。 リュックの中から折り畳み傘をさして歩くことに。 まずは、手かがりを探すことに。 少し歩くと道の色が変わっているところが。 歩いているとさすがは、城下町。 迷路みたいになっているなぁと感じな…

豊田町のバス停から

豊田町バス停にやってきました。 ↑豊田町バス停の標識。 時刻表には出石方面はもちろん、八鹿や江原方面の時刻表もある。 ↑全但バスの時刻表。 平日・土休日に別れてではなく、どこか土✕、土日✕、日✕と書かれているものもある。 次の出石行きは、10時2分と…

全但バスで一路、豊岡へ。

全但バスの大阪〜城崎温泉便は一日6往復で最速2時間54分で結んでいる。 最速便は大阪口は千里ニュータウンのみ止まり、新大阪駅や宝塚インター、西宮北インターを通過する。 そのため、阪急三番街を出発して40分後には中国自動車道→舞鶴若狭自動車道に入っ…

今日の旅のスタートは・・・。

2020年2月22日。 コロナウイルスが席巻している中、私は大阪・阪急三番街のバスターミナルにいた。 前日に名古屋から「青春大阪ドリーム」号でJR大阪駅に乗り込んできた。 ↑午前6時過ぎの阪急三番街バスターミナル。 バスターミナル自体は朝6時50分から開…

ついにゴール!

原谷駅から2つ進んだところにもう一つ、有形文化財に登録されている駅がある。 ↑桜木駅の駅舎。 桜木駅は、原谷駅と同じ昭和10年に開業している。 駅前は県道が走っていて、お店も増えていて、掛川の都市部に入ったんだなぁと感じさせられるものがあり、ホ…

吾を唯し 足るを知る

ここまで来るとゴールの掛川駅まであと少し。 山の中から田んぼと開けてくると掛川市に入る。 そして、有形文化財の駅、原谷(はらのや)駅に到着。 ↑木造建築に味がある原谷駅。 昭和10年に建てられ、初めて知ったのだが、ドラマの「ウォーターボーイズ2」で…

遠州森宿に宿る神木〜その2 金守神社

森の町を歩いていたら、しずてつジャストラインに似たバス(秋葉バス)の車両に遭遇。 ここは、遠州と駿河の境目なのかを感じさせるものがある。 大きな街道に出ると天浜線の線路を見ることが出来た。 道を歩くと再び大きな木が見えてきた。 ↑これも御神木なの…